sponsered link
ホーム » スポーツ

1 2 3 4 5 .. 次のページ »

サッカー FIFAランキングの決め方は?ほんとうに強い国は

サッカーの国別での強さを表すランキング
よく聞くことがある「FIFAランク」
国際サッカー連盟(FIFA)が、FIFAランクを管理しています。

日本代表が、外国の代表チームと対戦するときに、
よく比較されますね。

サッカーで最も大きなイベントワールドカップ
そこにに出場できるのは、世界でたったの32カ国。

サッカー日本代表は、最近はFIFAランク だいたい50位あたりを推移しています。
ランキングが出場の条件だったら、出ることは出来ないわけです。

ただ、出場の権利は、開催国を除いて予選を勝ち上がる必要があります。
FIFAランクは、直接的には関係はないですが
国際的に大きな大会など対戦の組み合わせを決めるときなどシード権には関わってきます。
(予選で強豪国同士が当たらないようにするため・・)

FIFAランクは、ある意味重要でもあるわけです。

日本代表が一番良い時だと、20位くらいにいたこともあります。
正直なところ客観的に見て、20位あたりの実力は実際にはなかったと思います。。

時には、なかなか納得が出来ないない部分もある
このFIFAランキングは、いったいどのように決められるのか
このあと見ていきます。


FIFAランキングの決め方



まず知っておきたいことがあります。
国際Aマッチ

FIFA(国際サッカー連盟)に加盟している国同士の試合で、
ともにAナショナルチーム:年齢に制限のない代表チームによる
対戦であることの条件を満たす試合。

ワールドカップを始めとする大きな大会はもちろんのこと
親善試合でも国際Aマッチになります。

何故これが重要かというと、国際Aマッチにおいてのみ
FIFAランクを決めるポイントを稼ぐことができるものだからです。

ちなみに、国際Bマッチ 国際Cマッチと言われる試合もあります。

FIFAランクを上げるには、国際Aマッチでの成績をいかに良くするのが
重要であり、全てです。

FIFAランキングは、国際Aマッチで得られるポイントを加算していき
当然その得点が多いものから順番に並べたものです。

国際Aマッチで得ることができるポイント



最終的なFIFAランクを決めるポイントは、
計算するのがかなり複雑になってきます。

【基本的な条件】
勝利:3点  引き分け:1点 敗戦:0点
PKにての勝利:2  PK負け:1

【加算・減算ポイント】
基本的なポイントは上記の通りなのですが
試合の格付け 対戦相手によってそれらが変わってきます。

●国際大会で格付けの高さ
 当然一番はワールドカップ 4倍となります

 大陸選手権(欧州 とか 南アメリカ とか)
 コンフェデ杯
 これらに関しては 3倍

 上記大会の予選 2.5倍 となっています。


●対戦相手の強さ
 これも考慮されます。
 対戦時の相手のFIFAランクによります。
 1位の場合は 2倍
 2以下は次の計算式で (200−(FIFAランク))÷100
 ※ただし150位以下だと、0.5倍と一定になります。 

●大陸間の力関係
 対戦相手の所属する場所によります。
 ・ヨーロッパ、南アメリカ大陸 ×1.0倍
 ・北中米カリブ海 ×0.88倍
 ・アジア、アフリカ大陸 ×0.86倍
 ・オセアニア ×0.85倍

基本的なポイントにこれら3つの要素を掛け合わせます。
それが、その国際Aマッチで得るポイントになります。


【ポイントの加算期間】
さらにさらに
一旦獲得したポイントが有効な期間と重要度が決まっています。
加算されるのはトータル48ヶ月間(4年間)です。

この間に得たポイントを平均し、さらに重み付けをして計算されます。
当然、直近の結果が重要視されます。

直近1年間の平均ポイント ×1.0
その前の1年間の平均ポイント ×0.5
さらにその前の1年間の平均ポイント ×0.3
さらにさらにその前の1年間の平均ポイント ×0.2

ようやくこれだけの計算を経てポイントを算出。
ポイントが一番多い順に並べて FIFAランクが決まります。


このFIFAランクを算出する計算から
もちろんその国の力を推し量ることはできるのですが
国際Aマッチを行う試合数の多さなどが影響します。

実力があっても、直近1年間で試合数が少ない状態だったりすると
ランキングが低めに出る可能性が高く

逆に試合数が多く、対戦相手をしっかり選べば高めに持って行くことも可能ではあります。

ですからある程度のグループで見るのがいいのかもしれません。
トップ5 や トップ10 とかですね。




« スポンサードリンク »
sponsered link
タグ /

2013年 夏の甲子園 優勝校予想

全国の代表校が揃いました。
まもなく甲子園の高校野球 2013 暑い夏が開幕します。

やはり、トーナメントの一発勝負
予想は難しいものです。

もちろん力がなければ出場できないのですが、
一つのミスが取り返しがつかないことになります。

とにかく、桐光学園の松井投手 名門 横浜高校に
まさかの負けでしたから。

もちろん横浜高校 そのままの勢いで甲子園出場です。
ちょっとしたキッカケで、高校生はレベルアップしたりします。

だから見ていて楽しいですね。

春の選抜の決勝戦、夏はいったいどこが・・



甲子園の優勝校予想



全国の出場校を見て、甲子園優勝に一番近いと予測するのは

「浦和学院」

春優勝していますし、その後も安定して強さを発揮してきています。
優勝候補の筆頭。(誰もが挙げるでしょうが・・・)

これまでの経験が力になっているはずですが、逆にプレッシャーにならなければ。

とくに注目は1回戦で仙台育英とあたります。
これが、決勝戦と言われても不思議でないカード。

浦和学院は投打のバランスが良く
2年生 エースの小島和哉選手 
松井 裕樹から握りを習ったスライダーも武器になっています。

打撃陣も高田涼太を始めとして、強力な打者も揃っています。


愛媛県代表の済美高校



2年生エース 安楽智大 春の甲子園のあと肩を壊していました。
その間に下半身を鍛え
夏の予選でストレートが157kmを記録。

絶対的なエースがいる強みは大きいですね。
球速の高校生の記録を更新することも期待されています。


大阪桐蔭は打線のチーム



いまのプロ野球選手 養成高校ですね。
昨年の夏に続きの連覇をねらっています。

今年は完全に打のチームです。

そのなかで中軸を担う森友哉 捕手。
打つ方はもちろんですが、キャッチャーとしての能力も高く
プロも注目する選手です。

たぶん順当に力を発揮すればこの辺りから優勝を狙うチームが出てくるはず。


その他の甲子園で活躍しそうな有力校



甲子園の舞台において、高校球児は、大舞台の試合の中でも
成長してくる要素があるので、
実際にはどこが優勝するのかは難しいですね。

それと最後は連戦になってくるので、複数のエース級
投手がいるチームがより有利なはず。

結局、ある程度以上の実力があり、うまく勢いに乗ったところでしょう。
先ほど上げた以外に、そんな候補を上げると

仙台育英



選抜でのベストエイト
ダブルエースの鈴木天斗、馬場皐輔 2人のピッチャーが揃うのは
連戦になってくるととても有利。

打線ではセンター上林誠知 選手が注目です。

とにかく、「初戦の浦和学院に勝てるか」
そこを抜ければ、いいところまでは来るはず。


横浜高校



桐蔭の松井を破ったチーム
2年生が8人と、松井のいなくなる来年を見据えた布陣だったと言われます。

松井を打ち砕いた二人には、注目が集まります。
高濱祐仁 浅間大基 と1年の時から、共にしあいにでて来ています。

勢いに乗ればもしかしたら。

日大三



激戦の日東京大会を勝ち抜いてきた日大三高

投手力が強く安定した試合運びができます。
大場遼太郎 は、予選ではわずかに1失点
三輪昂平も150km近い玉を投げます。

投手が安定するところは戦いやすいですね。


甲子園で活躍しそうな候補を挙げましたが、

全然予想もしなかったチームが優勝するのが高校野球 
甲子園の面白いところですね。

どこが優勝するのかは、神のみぞ知るところ。。

« スポンサードリンク »
sponsered link
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。