sponsered link
ホーム » 美容・ファッション

ブーティー 人気のコーディネートで履きこなすには

ブーティ はすでに定番の人気アイテムとなってきましたね。

ロングブーツとパンプスとの間の時期を埋めるファッションアイテムbooth.jpg
すでに2足とか持っている人も増えてきていいるみたいですね。


ブーティはこれからという人のためにチョットおさらいです。

パンプスとショートブーツを足して2で割ったちょうど中間くらいに位置する丈の靴。
アンクルブーツ(くるぶしまでの深さ)と呼ばれることもありますね。

パンプスを履くには、まだ早いけど、そろそろブーツもやめたい
オシャレで、ちょっと防寒せいがあるという位置づけですね。

活躍する時期は  と が中心になります。

ファッションには季節感が重要です。
足元が変わるだけで、印象もかなり変わってきます
足首に注目が集まるアイテムです。

新鮮さが加わり、流行を取り入れた今年らしい印象に

ブーティは、まだ新しいファッションアイテムですから、
いち早く取り入れば、オシャレという印象にもなりますし

履いている自分も、足元が変わるだけでウキウキした気分になれます。

ただ使いこなしにはちょっとしたコツがあります。
以下に書いていきますので、参考にしてみてください。


ブーティーの履きこなし


足を長く見せるには

見た目には可愛らしい感じがして、どんなものにも合いそうですが
組み合わせなど使い方を間違えると、ふくらはぎの太さが強調されてしまう。
(ふくらはぎが太いからダメということではないです。そのように見えてしまうということ)

また、ひざ と 足首が近く見えて、視覚的に膝下が短く見えることもあります。

前スリット入りかオックスフォード



ブティーのデザイン的に甲にポイントが来るようなものを選ぶと細長く見えやすいです。

前の部分にスリットが入っていたり、オックスフォードで甲の部分を紐でしめるタイプがいいですよ。



ブーティの色 と タイツは同色系に


足元に大きなコントラストがあると、当然そこへ目が行きます。
そこで、境目がはっきりしていると、足が分断されて見えてしまいます。

ソックスなど同色系とすることで、スラリと長い感じで見せるのがオシャレです。

ブーティーはくるぶし スカートはひざ上で


これも足を長く見せるテクニックです。

ブーティーが足首をすっぽり隠して、そしてロング系のスカートで
膝下まで来てしまうと、膝下の空間が少なくなり
結果として短く見えてします。

スカートは、ミニとまで行かなくていいですが ひざ上の体にピッタリ沿うようなものではなく、少しふわっとした感じのものがよく合います。 




« スポンサードリンク »
sponsered link

卒園式に着ていくママの服装はスーツ?ワンピース?

卒園式の服装 悩むママ多いですよね。sotuen.jpg
初めてだと、皆どんな格好で出席するとか全く雰囲気がわからないし。
一人だけ場違いな格好で、自分だけが浮いちゃうのは何とか避けたいですから。

スーツを着ていけばいいのか? 
ワンピースでもいいのか?
色合いはどんな色がいいか。


一番間違いが無いのは、上の子などですでに一度
そこの幼稚園または保育園で 卒園式を経験したママ友に聞くこと。

園によっても雰囲気が違いますし、たまに特殊なところもあったりしますので。

世間一般的な傾向になりますが、以下に説明していきます。

卒園式は入園式とは異なる服装


卒園式と入園式が違うのは誰でも分かりますよね。
それぞれの式は1つの区切りであり、意味合い的なところが違っています。
なので、服装もそれぞれに合わせて装いが変わってきます。

入園式は、お祝い的な意味が強いですね。言ってみればお祭り的とでも。

それと比べると、卒園式は、巣立ち お別れ的なところがあります。
先生方へのお礼という意味合いも入ってくる
でしょう。

ですから、服装もそれに合わせて多少考える必要があると思います。

卒園式に着ていくママの服装は


卒園式に着ていくママの服装は無難な選択となるのが
スーツ もしくは 礼服 と言うことになります。

実際に礼服までとなると、ちょっと固すぎる(暗い?フォーマル?)感じもあるかもしれません。
ただ、パールのネックレス や コサージュで雰囲気を上げてあげればOK。
いい礼服をお持ちであれば、利用しない手はないですね。

一般的というか、一番多い無難なパターンがスーツと思われます。
卒園式の場合は、色はダーク系が無難です。
黒もしくは紺になってきますね(もし迷うなら黒に)。
下はパンツスタイルでもスカートでも自分に合う方で構わないです。

アンサンブルスーツなんかだと、着回ししやすいかもしれません。


ワンピースにカーディガンなどは、入園式では多かったかもしれませんが
卒園式ではちょっとくだけ過ぎかもしれません。

パステル調の、スーツも入園式では多くいらっしゃるかもしれませんが、卒園式となると少数派になると思います。

和装も問題ないですが、卒園式でそこまで気合を入れられる方はかなり少数派ですね。

地域や、幼稚園、保育園で雰囲気は随分変わりますので、そのあたりも考慮して卒園式の服装を選んでみてください。


※入学式もセットで考えるなら、中間をとってグレー系(多少暗めで。。卒園式で浮くことあるかもしれないので)がいいかもしれません。
式に合わせてスーツの中のブラウス や コサージュで印象は変えられます。

謝恩会の服装は


卒園式の後に謝恩会がある所も多いと思います。
後日、豪華にホテルでというところも。。

卒園式後、一旦家へ帰ることにもなるので、服装もチェンジです。
会場にもよりますが、卒園式のように地味な系統で考える必要はなく
しっかりおしゃれを楽しむ傾向が強いですね。
限度はもちろんあると思いますが・・・

卒園でお礼の品や記念品を選ぶ


これも、服装同様悩みどころです。
お礼という意味をこめて、先生や友達などに配るパターンあります。

そんなに高価なものは無理なので、
実用品で行くか、お菓子で行くかといったところでしょう。
ある程度数が必要な物は、単価が低めなのがいいですね。




« スポンサードリンク »
sponsered link
タグ / 卒園式 服装

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。