sponsered link
ホーム » 日記

関東の花火大会 2013の日程は(Part1:東京編)

関東の花火大会 全国的に見て花火大会密度が高いですね。
有名なものも多いです。

多くの人がいるから当然ですが、それだけ夏に花火を見るチャンスもおおいということです。花火好きにはいい環境ですね。

夏の納涼というよりは、打ち上げ花火は完全にエンターテイメント お祭りとしてみなされているのでしょう。

7月の梅雨明けから、10月の終わり頃まで
様々な花火大会があります。

っかりと予定を立てておかないと、見逃してしまうかも。
特に宿泊を考えるのであれば、できるだけ早く準備もしたいですね。

何万人 何十万人と人が集まるイベントですから
交通手段も事前にチェックが必要です。

2013年の関東で注目の花火大会をピックアップして行きたいと思います。

とにかく一度は見ておきたい関東の花火大会


日本3大と呼ばれる花火大会があります。
花火フリークでなくても一度は見ておきたいです。
そのうち2つは関東圏といっていいでしょう。

▼長岡花火大会
 新潟県でちょっと関東から外れるのですが、
 新幹線があってで東京からはそんなに遠くはありません。
関東圏といってもいいくらいです。

 2013年も 8月2日 と 8月3日に行われます。
 長岡まつり の中のイベントですが、花火のほうが有名でしょう。



▼土浦花火大会
 茨城県で行われる花火大会です。
 毎年70万人を超える人が花火見物をします。
 
 競技会になっていますので、職人の本気で日本一を
 目指して作られた作品に見る方は釘付けになります。
 
 毎年10月の第一土曜日に行われます。
 2013年の日程は、10月5日土曜日がそれにあたります。

東京の注目花火大会


東京のたくさんある2013年の花火大会から有名で特徴的なものをピックアップします。

隅田川花火大会


もしかしたら知名度では日本で一番の花火大会ではないでしょうか。
毎年ではないかもしれませんが
テレビ中継されることのある日本で唯一の花火大会だと思います。
全国ネットでやっていたことを見たことがあります。
それだけ豪華絢爛 多くの人が注目している花火大会ということですね。

打ち上げは2箇所で合計2万発を超えます。
今年はオリンピック招致のスペシャル企画もあるかな?

日程:2013年7月27日(土曜日)

神宮外苑花火大会


神宮花火大会は、花火とアーティストの共演と言う贅沢なシチュエーションが楽しめます。

4会場あって
・神宮球場 ・国立競技場 ・秩父宮ラグビー場 ・神宮軟式球場
それぞれ豪華アーティストが出演するので、野外音楽祭ですね。
どこをみるかも迷います。
(有料ではありますが・・・)
会場以外で花火をみるだけならもちろん無料です。

約1万発の花火が、都心に花開きます。
それを見るだけでも、もちろん満足出来ます。

日程:2013年8月17日(土曜日)



区の単位で比較的大きな花火大会が行われます。
東京の場合は、区は大きな市ですからね。

江戸川区花火大会


1万発を超える花火を打ち上げ
演出も凝ったものです。

日程:2013年8月3日(土曜日)


足立区花火大会


非常に歴史ある花火大会
打ち上げ花火だけでなくダブルナイアガラも

日程:2013年7月20日

東京湾大華火祭


東京湾での海上花火
夏は海ですから、相性もいいですよね。
海面に映る花火もまた美しいです。

日程:2013年8月10日(土曜日)


炎天下の場所取りほどつらいものはありません。
その労力考えれば、観覧席は確保しておきたいです。
コチラで確認できます
icon



関東 他の県の花火大会は次の記事に続きます。。
関東の花火大会(東京以外編)

« スポンサードリンク »
sponsered link

花火大会 2013 関西の日程まとめ

暦も夏に入りました。
気温もこれからどんどん上がっていきます。hanabi.jpg

そうなってくると楽しみなのは、ビアガーデン??

それもいいすが、やっぱり花火大会ですね。
夏の夜を彩ります。

梅雨明けの頃から毎週 何処かで行われます。

どこにしようか迷うところですが
関西地方に関して、注目の花火大会をピックアップして
日程などをまとめます。

宿泊も考えるのであれば、今から計画を立てないと
予約など取れませんよ。

関西の中心 大阪(大阪府)の花火大会


盛り上がる花火大会がいろいろあります。

なにわ淀川花火大会


大阪の花火としては、やはり 淀川の花火。
は外せない一大イベントでしょう。
大阪の中心部で行われる花火大会。

第25回の花火大会 8月10日に行われます。
打ち上げ数は公表されていませんが2万発程度と言われています。

この花火大会は、協賛や寄附だけで行われているというのは、あまり知られていないのでは。
自治体はお金を出していません。

猪名川花火大会


打ち上げ数の規模で次に来るのは、約4000発の花火が打ち上げられます。
北摂地区では最大規模になります。

天神祭奉納花火


7月25日です。
日本3大祭りと一緒に楽しむことができます。
船渡御(約100隻の大船団のかがり火) と 花火 両方見える場所を確保したいですね。

130万人が訪れるお祭りです。

PL花火大会

 
自分として絶対に外せないのが、ずっと日本一もしくは世界一とも言われるPL花火大会。
宗教行事のため、大々的に宣伝されたり テレビで取り上げられたりすることがないのですが
そんな必要がないくらいに、定番であり有名なものですね。

打ち上げ花火数は、2万発と言われています。
毎年8月1日に行われます。
2013年は、木曜日です。
宗教行事ですから、土日開催にとらわれることはありません。

有給取得も併せて準備しておきたいですね。

兵庫県の花火大会


兵庫県は、面積的にも広いので、関西で一番たくさんの花火のイベントがあります。

みなとこうべ海上花火大会


神戸の夏を語るなら
”みなとこうべ海上花火大会”は必須です。
8月3日 約1万発の花火が上がります。
ポートタワーもバックに・・・
海上での打ち上げ花火ですから、埠頭で見るポイントはたくさんあります。

他にも5千発クラスが、たくさんあります。

7月20日
・芦屋サマーカーニバル
芦屋の風物詩で34年前から行われているイベント

・淡路市夏まつり
これらは共に、約5000発の花火を打ち上げられます

8月4日
・加古川まつり花火大会 約5000発
・淡路島まつり花火大会 約5300発

同じ日に大きな花火大会が複数あります。
今年はどこへ行こうか非常に迷うところですね。。

京都府の花火大会


京都は文化財が点在しますから
花火を上げるのもかなり気を使いますよね。

宇治川花火大会


それらの中でも、一番の盛り上がりは重要な文化財のど真ん中で上げる
宇治川花火大会  約7000発の花火が上がります。
今年は、8月9日 金曜日です。

夏の京都観光なら、この花火大会もセットで組んでみるのもオススメです。

奈良県の花火大会


吉野川祭り 納涼花火大会
8月15日 約4000発

滋賀県の花火大会


言うまでもなく琵琶湖が中心になります。

びわ湖大花火大会


8月8日
2013年は第30回という記念の花火大会
20号玉が上がるそうです。
湖面にも大きな花がさくのでしょうね。

約1万発の花火が上がります。

彦根・北びわ湖大花火大会


8月1日
ひこにゃん にも会える?
こちらも約1万発で、最後のスターマインが売りです。

さあどこの花火大会に行くか、しっかり予定を立てないといけないですね。
お得な宿探しによく使います
じゃらんnet


« スポンサードリンク »
sponsered link
タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。