sponsered link
ホーム » グルメ » 氷砂糖の使い方や作り方

氷砂糖の使い方や作り方

氷砂糖 なんだか懐かしい味のような・・・
子供の頃に、見つからないようにこっそり舐めたなんてumesyu.jpg
こともあるのではないのでしょうか。

本当に純粋に甘い シンプルな味ですね。
それもそのはずで、氷砂糖は砂糖の結晶です。

純度は、ほぼ100%の砂糖というこになります。
雑味となるものがなにもないので、高級な和菓子などの甘みに使われたりします。

お砂糖の粉を、飲み物に入れたり、直接舐めれば
すぐ溶けますよね。

氷砂糖は、飴のように溶けるまで時間がかかります。
だから手間がかかるんですね。
だから美味しいに繋がりますが。

高級な すき焼 にも使われるそうですよ


氷砂糖の使い道 そのレシピは


氷砂糖をどのように使うのか?
果実酒 もしくは ジュース(シロップ)が代表というか
ほとんどがこれらでしょう。

その中でも、梅を使ったものが日本では定番ですよね。
梅酒 梅シロップ どっちも美味しいです。

レシピは簡単です。

洗ってヘタを取り除いた梅を準備します。

瓶などの中で梅の実と氷砂糖を交互に入れて
漬けておくというある意味単純なもの。

そのまま放置すれば、梅シロップ。
さらにホワイトリカーを加えておけば、梅酒ができあがります。

氷砂糖の役割は、梅から美味しいエキスを引き出すこと。
浸透圧を利用するのに、ゆっくり溶けるのが非常に都合がいいのです。
じわっと しっかり 効いています。

梅と氷砂糖を一緒に入れておくだけで、液体が出てきて
しっかりジュースが出来るのですから不思議な感じもしますが、
ちゃんと化学の原理なんです。

簡単に説明すると、自然はバランのとれた状態になりたいという
性質があって、部分的に糖分が高い状態は不安定なので
バランスを取るために梅の中から薄めるための液体が出てくるのです。

氷砂糖と砂糖は一体何が違うのか


氷砂糖と砂糖 基本的には同じものと考えていいです。
ただ、結晶の大きさが異なるだけ。

氷というのが個体の結晶という意味で使ってあるのであれば
かなり正確な解釈ですが、それだと小さな結晶も氷砂糖と
呼ばれなければなりません。

たぶん、それよりも見た目で氷のように見えるから
氷砂糖となったのでしょう。

氷砂糖は、巨大な砂糖の結晶になります。
ただ大きな結晶を作るには、じっくり長い時間をかけて成長させる事が必要です。

だから自分で作るには、なかなか大変なのです。

グラニュー糖 上白糖 の違い


それよりも氷砂糖と砂糖の違いよりも
グラニュー糖 上白糖 の違いのほうが分かりにくいかも。

どちらも市販されている砂糖です。

グラニュー糖は、砂糖の結晶の小さな粒でこうせいされていて、
サラサラな感触があります。

一方、上白糖は
グラニュー糖(ブドウ糖と果糖が合体している)
と転化糖(ブドウ糖と果糖が分かれている)が混ざったもの。
粉全体としては、ちょっとべっとりした感触ですね。

味としては、グラニュー糖は あっさりした甘さが特徴。
上白糖は、複雑で甘みをより強く感じます。

氷砂糖の作り方


ベースとするのは、上に書いたとおり余分ものが入っていない
グラニュー糖がいいですね。

これを熱湯に溶けるだけとかします。
砂糖は水100gに対して、200g以上溶けます。
熱湯だと300gくらいは溶けます。

この溶液を、ゆーっくり温度を下げある程度の温度でキープします。
50度とか60度くらいで、数日から数週間

砂糖の結晶が徐々に大きくなっていきます。
大きな結晶を作りたいのであれば、
水をどんどん飛ばしてしまってはいけません

種として小さな結晶を入れてあげると、そこを起点に氷砂糖が成長します。

手間隙がかかります。

本当は、一旦 グラニュー糖を溶かした溶液の余分なものを取るために
フィルターでろ過するとより良いのですが、
家庭で作るなら、そこまでやる必要はないでしょう。
kessyou.jpg
ではあと2点ほど氷砂糖にかんして詳しく見ていきます

気になるカロリー


氷砂糖といって特にカロリーが高くなるわけではなく
1g 4Kcalで砂糖と全く同じです。

砂糖だから太るものではないということです。
それよりも気をつけなければならないのは、糖尿病でしょう。

いくら美味しくても、食べ過ぎには要注意です。

氷砂糖の賞味期限


氷砂糖に基本的に賞味期限はありません。
特に悪くなたりすることがないんですね。

あえて気をつけるならば、湿度が少ないところに
保管したほうがいいでしょうか。

ですから保存食(非常食)としても非常にいいと思います。

糖分は、脳の直接のエネルギーになってくれます。

変な保存料も入っていませんから、
受験勉強や資格試験の勉強などでちょっとつかれた時なんかの
頭の栄養補給にもいい
ですよ。
(くどいですがとりすぎには要注意です。)

« スポンサードリンク »
sponsered link
タグ /
この記事へのコメント
タイの大手砂糖メーカー向け輸出用に氷砂糖を作る機械をさがしています。
6cm立方サイズの氷砂糖を年間2500−3000トン製造できる機械が必要です。見積り頂ける企業さんを紹介頂けないでしょうか。
可能かどうかお返事頂きますよう宜しくお願いします。

Posted by 山田陽子 at 2013年08月02日 11:53
コメントを書く
お名前

メールアドレス

URL

コメント

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。