sponsered link
ホーム » 2013年12月

サルコペニア肥満 原因や予防は?ロコモにならいために

サルコペニア肥満は、将来 歩くことができなくなる可能性のある怖いものです。
痩せていても肥満”の場合があるのです。
また今問題となっているロコモにつながります。

ロコモ:ロコモティブ症候群 様々な原因により、
    介護を受けないと生活できない状態になること。

外見上は、そんなに肥満に見えなくても
筋肉の量が落ちてしまうので気づきにくいという点において危険です。

要するに、筋肉が減り それにかわって脂肪が増えてしまう状態です。
下半身において症状が起こります。

特に多いのが65歳を超えた男性において増えています。

僅かな距離を歩くだけでも、途中で休憩を取らなければならなくなったりします。

サルコペニア肥満の原因


サルコペニア肥満の原因ですが、はっきりしているものは
加齢がひとつの要因であること。

それに加えて、それまでの生活や食事などが複合的に絡んでいるようです。
個人によって違うので、はっきりとした原因はまだ分かっていない部分もあります。

自覚症状がなく徐々に進行していくので、気づいた時には・・・

さらに肥満ですから、当然 生活習慣病のリスクも高くなり
通常?の肥満よりも高いリスクがあるそうです。

サルコペニア肥満の診断基準


サルコペニア肥満と診断される基準があります。

・BMIが25以上であること。
  BMIはよく肥満の基準に使われる
  Body Mass Index

  体重÷(身長(m)×身長(m))で計算できます。

・筋肉量が男性 29%以下  女性 26%以下 


より簡易な見分け方は、下半身の筋力の低下を見ます。

・片足立ちで靴下を履くことができるか
・片足で椅子から立ち上がることができるか
・片足で60秒立っていられるか

これらのうち一つでも出来ないと、サルコペニア肥満の可能性があります。

普段の生活においても
・歩くスピードが落ちた
・歩幅が狭くなった
・何もないところでも躓く
・手すりがあると使いたくなる

など自覚があれば、下半身の筋力低下が疑われます。

サルコペニア肥満の予防


サルコペニア肥満を防ぐには

運動と栄養が重要です。
加齢は誰に求めることは出来ませんので。。

【栄養素】
食事に関しては、良質な蛋白質をきちんと取ること。
年齢を重ねると、健康のためもあり肉を敬遠しがちになります。

しかし、これは危険でもあって
必要な栄養素の不足を招くことがあります。

筋肉を作るための必要な栄養素 は
BCAA:バリン、ロイシン、イソロイシン と ビタミンB
バランスよく食べることが重要です。

【運動】
下半身を中心とした運動が重要です。
歩くことは基本です。
ウォーキングは有酸素運動で、健康にも良いです。

筋力トレーニングとして取り組みたいのが
・スクワット
 膝がつま先より前に出ないように
 ゆっくり行うことがポイントです。

・もも上げ
 立った状態で、片足のもも上げを行います。
 左右交互にゆっくりと

・つま先立ち

毎日の少しづつの積み重ねが大事です。 
ただし、膝などが痛い時は無理に行わないことも注意してください。
余計に運動ができなくなったらなんの意味もありませんので。。

膝に不安があるのであれば
ヒザを科学する”株式会社エバーライフの「皇潤プレミアム」


« スポンサードリンク »
sponsered link

酸蝕歯を治すには?ガムや歯磨き粉は効果があるの

酸蝕歯は、食べ物などの酸の影響により歯が溶けてしまう症状。

日本では虫歯、歯周病まではよく知られているのですが
酸蝕歯はそれに続くものなのですがまだ、あまり知られていません。

しかし、欧米ではよく知られている歯の疾患です。

なぜなら、食生活が大きく関連していて
欧米では酸性が強い食物を口にすることが多いからです。

ただに日本においても、食の西洋化がすすみ
酸蝕歯が着実に増えてきているそうです。

酸蝕歯とはどんなこと?



まずは歯がどのようになっているかteeth.JPG
構造から見て行きましょう。

歯自体は、よく言われるカルシウムです。
正確には、リン酸カルシウム というものです。

エナメル質が歯の表面を覆っていて、人間の体の中で最も硬いものです。
ただし硬いものは脆いという性質を持っています。

それを支えるのが、象牙質
材質的にはほぼ同じですが、割合が違って
エナメル質ほど硬くはありませんが
歯の骨格として支える力が強いです。

基本的な話として、カルシウムは酸に溶けます。
弱いと言っていいでしょう。

口の中が酸性になることもあります。
そのようなとき、歯も溶けるわけです。

人間の体は良く出来ていて、その溶けたカルシウムを
治す(補修する)機能が備わっています。

唾液の中にカルシウム分があって、歯の表面に再付着していきます。
それでバランスがとれているわけです。

このバランスが崩れると、歯が溶けて減っていく方向になるわけです。
それにより歯が削れていってしまうのが 酸蝕歯です。



酸蝕歯の症状は



酸蝕歯の症状として、一番 気づきやすいのは

知覚過敏の症状だと思います。
熱いものや 冷たいものを食べた時に
ズキッ!とした痛みが走ります。

この症状自体は、だれでも分かるはずです。

その他となってくると、パッと気づくかといえば
微妙なところです。

・歯の色が黄色っぽくなった
・歯の角がとれて丸っこくなった
・歯が透けて見える

痛みがなくても、歯が削れていっているわけですから
どこかで神経に刺激が出て痛みが出るようになったり
歯のかみ合わせが悪くなり、他の身体症状に及ぶ場合も。

酸蝕歯の原因は



酸蝕歯という漢字からしても
酸が歯を削っていくもの。

酸の性質の食べ物や飲み物は、いろいろあります。
過剰に食べたり、口の中に含んだままにしておくと

人間のエナメル質の再生するスピード < 酸で削る歯のスピード

となれば、どんどん歯が減っていくわけです。

酸性の飲み物
・炭酸ジュース、炭酸水
・ワイン
・果汁系のジュース
・スポーツドリンク
・ビール、お酒
・黒酢

食べ物
・レモン、オレンジなどの柑橘系果物
・酢の物
・梅干し

健康に良くても、歯にとっては厳しいものもあります。

これらを食べてはダメということではなく
過剰摂取はもちろん良くありませんが、
口の中に長い時間留めるということがないように注意しましょう。


加えて注意したいのが、歯磨き


歯磨きは タイミング と 歯磨き粉に関して注意したいです。

食事の直後などに歯磨きをするといいとされますが、
口の中の酸性の環境では、歯の表面が柔らかくなった状態です。

食後の直後にはうがいをするとかで口内環境を元に戻しやすくして
歯磨きは30程度経ってからにしましょう。

歯磨き粉も、研磨剤で歯の表面を削りますので
歯磨きの回数が多い人は、含まれる研磨剤の量も少ないものを選んだほうがいいでしょう。
ホワイトニング用の歯磨き粉などは特に要注意です。

歯磨き粉やガムは



歯磨き粉やガムは、予防的 もしくは かなりの初期症状であれば
高価が期待できます。

これなんかは安心して使えます。
酸蝕歯をケアする歯磨き粉が販売されています。


ガムも、再石灰化を促すと謳われているものも効果が期待できます。
トクホのガムなどにありますね。
ロッテのリカルデントガムなど。。

酸蝕歯を治すには



酸蝕歯になってしまうと、自然に治ることはありません。
歯医者へ行って、診療してもらい
症状にあった治療をしてもらうことになります。

まずは酸蝕歯の原因となる行動を見つけて止めること。
生活習慣の改善です。

軽症であれば、歯質を強化する薬剤を塗ったりします。
MIペーストを、歯型のケースにぬって数時間そのままにしておく。

症状が進んでいれば、レジンを塗ったり。

それから先は、虫歯の治療とほぼ同じような形。
歯を削ってカバーを被せるとかになってきます。

費用も、治療の度合いに応じて
また、保険が効くもの効かないものによって異なってきます。

« スポンサードリンク »
sponsered link
タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。