sponsered link
ホーム » 2013年08月

梨の栄養は?カロリーも気になる

秋の味覚 食べ物が一番美味しい季節
暑さも和らぎ、何を食べても美味しく感じる時期です
秋の果物もいろいろありますが

nasikagomori.jpg

梨(なし)が一番!
美味しくて好きという人も多いのではないでしょうか。

あのシャリッとした食感
瑞々しくほんのり甘い
 まさに絶妙です。

梨の時期は、だいたい9月から10月終わり頃くらいですね。

たくさん食べることができるのですが、
たくさん食べちゃって大丈夫?なんて疑問に思いました。

梨の栄養など調べてみました。

梨といえば ふなっしー (相変わらず非公認です)
千葉県は梨の産地として日本一番です。
船橋市でも美味しい梨が取れます。


梨の栄養は何 体への効果は



梨は、実はほとんどが水分なんです。
だから口に入れた時の瑞々しさは当然なんですね。

なんと90%が水なんです。
ですから、薄いジュースを飲んでいると言ってもいいのかもしれません。

その他の主な栄養分となると
 ・食物繊維 1.8g程度
 ・カリウム 300mg程度
 ・糖分(果糖)


これで、ほとんどです。

ここから、体への良い影響がわかってきます。

まずカリウムが多いですが、これは高血圧に効きます
血圧を下げてくれます。

食物繊維は、腸を綺麗にしてくれます。
それに甘味料であるソルビトールも便通を促します。

ソルビトールには、喉の炎症を抑える効果もあります。

果糖、リンゴ酸、クエン酸も含んでいて、
酵素の働きもあり体の疲れを回復するのを助けてくれます。


梨のカロリーは



上記のように、梨はほとんど水分ですから
実はなかなかローカロリーな食べ物です。

梨1個で、約100kcal(キロカロリー)と
かなりローカロリーなんですね。

お茶碗一杯のご飯が 大体 200kcal

ですからダイエットに利用?しようと考える人も結構いるようです。

ただカロリーは低めですが、糖分はそこそこですし
梨だけでは栄養のバランスが取れませんので
梨をたくさん食べて痩せようというのは、あまりいい方法ではないでしょうね。

逆に梨は体を冷やす性質もあります、これは代謝を落とす方向ですし
あまり食べ過ぎないほうがいいかもです。

美味しい梨の見分け方



梨でも甘いもの、酸っぱいもの当たり外れがあります。
甘くて美味しい梨を見分ける方法です。

まずは重さがずっしりしていること。
十分な水分を持っている。
なしの表面のザラザラは”果点コルク”といって
水分を蓄えるところなので、ちゃんとあったほうがいいです。

大きさは、大きければ大きいほどよいです。

軸は太くしっかりしたものが、きちんと栄養が運ばれていた証拠。


加えてチェックしておきたいのが色です。
ちょっと品種によって変わってくるのですが、

青みがかったものではなく、色づいたものの方がいいです。
黄色 もしくは 赤みがかったものの方が、
太陽の恵みをたくさん受けています。

梨狩りに出かけたくなりますね。。
熟した実の採りたてが一番美味しいですから。
⇒じゃらん で梨狩りツアー



品種(ブランド)は?



梨にも、それぞれ産地などでたくさんのブランドがあります。

一番無難に美味しいのが「二十世紀
青梨の代表でもあり
他の品種の基準的な感じがします。
aonasi.jpg
他に有名なのは、赤梨の
幸水 と 豊水 ですね。
akanasi.jpg

ラ・フランスは、洋ナシです。
高級品で贈答向けとしても使われます。


« スポンサードリンク »
sponsered link
タグ /

2013年 夏の甲子園 優勝校予想

全国の代表校が揃いました。
まもなく甲子園の高校野球 2013 暑い夏が開幕します。

やはり、トーナメントの一発勝負
予想は難しいものです。

もちろん力がなければ出場できないのですが、
一つのミスが取り返しがつかないことになります。

とにかく、桐光学園の松井投手 名門 横浜高校に
まさかの負けでしたから。

もちろん横浜高校 そのままの勢いで甲子園出場です。
ちょっとしたキッカケで、高校生はレベルアップしたりします。

だから見ていて楽しいですね。

春の選抜の決勝戦、夏はいったいどこが・・



甲子園の優勝校予想



全国の出場校を見て、甲子園優勝に一番近いと予測するのは

「浦和学院」

春優勝していますし、その後も安定して強さを発揮してきています。
優勝候補の筆頭。(誰もが挙げるでしょうが・・・)

これまでの経験が力になっているはずですが、逆にプレッシャーにならなければ。

とくに注目は1回戦で仙台育英とあたります。
これが、決勝戦と言われても不思議でないカード。

浦和学院は投打のバランスが良く
2年生 エースの小島和哉選手 
松井 裕樹から握りを習ったスライダーも武器になっています。

打撃陣も高田涼太を始めとして、強力な打者も揃っています。


愛媛県代表の済美高校



2年生エース 安楽智大 春の甲子園のあと肩を壊していました。
その間に下半身を鍛え
夏の予選でストレートが157kmを記録。

絶対的なエースがいる強みは大きいですね。
球速の高校生の記録を更新することも期待されています。


大阪桐蔭は打線のチーム



いまのプロ野球選手 養成高校ですね。
昨年の夏に続きの連覇をねらっています。

今年は完全に打のチームです。

そのなかで中軸を担う森友哉 捕手。
打つ方はもちろんですが、キャッチャーとしての能力も高く
プロも注目する選手です。

たぶん順当に力を発揮すればこの辺りから優勝を狙うチームが出てくるはず。


その他の甲子園で活躍しそうな有力校



甲子園の舞台において、高校球児は、大舞台の試合の中でも
成長してくる要素があるので、
実際にはどこが優勝するのかは難しいですね。

それと最後は連戦になってくるので、複数のエース級
投手がいるチームがより有利なはず。

結局、ある程度以上の実力があり、うまく勢いに乗ったところでしょう。
先ほど上げた以外に、そんな候補を上げると

仙台育英



選抜でのベストエイト
ダブルエースの鈴木天斗、馬場皐輔 2人のピッチャーが揃うのは
連戦になってくるととても有利。

打線ではセンター上林誠知 選手が注目です。

とにかく、「初戦の浦和学院に勝てるか」
そこを抜ければ、いいところまでは来るはず。


横浜高校



桐蔭の松井を破ったチーム
2年生が8人と、松井のいなくなる来年を見据えた布陣だったと言われます。

松井を打ち砕いた二人には、注目が集まります。
高濱祐仁 浅間大基 と1年の時から、共にしあいにでて来ています。

勢いに乗ればもしかしたら。

日大三



激戦の日東京大会を勝ち抜いてきた日大三高

投手力が強く安定した試合運びができます。
大場遼太郎 は、予選ではわずかに1失点
三輪昂平も150km近い玉を投げます。

投手が安定するところは戦いやすいですね。


甲子園で活躍しそうな候補を挙げましたが、

全然予想もしなかったチームが優勝するのが高校野球 
甲子園の面白いところですね。

どこが優勝するのかは、神のみぞ知るところ。。

« スポンサードリンク »
sponsered link

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。