sponsered link
ホーム » 2013年06月

夏の高校野球 予選 2013 地方大会の展望 関東編

関東は高校数も多く激戦ですね。
名門校も多くその分戦力が分散気味になるのも仕方ないところでしょうか。ouen.jpg

茨城 高校野球 予選


7月6日〜

常総学院が君臨する茨城県。
打線も投手も守備も揃っています。

そこに挑む筆頭が霞ヶ浦
3投手がいるので、連投になってくると有利に働くかも。

その他の注目は下妻二、石岡一

群馬 高校野球 予選


7月6日〜

前橋育英が本命視されています
投手力を中心とした堅守のチーム

しかし、他の強豪校も
前橋商業,健大高崎
さらには、桐生第一、
昨年の夏の代表 高崎商業もいます。

栃木 高校野球 予選


7月13日〜

佐野日大が強打 打率4割をこえる強打で本命。

しかし、そんな簡単には行かない強豪校が

作新学院が夏の3連続出場を狙っています。
センバツ出場の宇都宮商も最速147kmを投げるエース 
など投手力がいい。

伝説の作新 江川は、球速160キロ出ていたとも言われますね。

新潟 高校野球 予選


7月10日〜

県大会の優勝 村上桜ヶ丘
準優勝 新発田中央 が有力ですが

全国的に名前を知られる日本文理
昨年の夏甲子園で活躍した新潟明訓も有力な候補。

千葉 高校野球 予選


7月12日〜

絶対的な本命は不在か
関東大会で4位に入った高校が2つ
東海大望洋 と 専大松戸 ここが軸で

習志野 銚子商業も夏の甲子園出場をうかがう状況。

埼玉 高校野球 予選


7月10日〜

大本命はもちろんセンバツ優勝校の浦和学院。
投打とも隙がない。

追うのは花咲徳栄、聖望学園
名門 春日部共栄 などの私立高校勢。

東東京 高校野球 予選


7月6日〜

東東京 ひがしとうきょう 一瞬トウトウキョウと
ちょっと読みにくい・・・
どうでもいいことですが

名門が順当に強そうです
帝京 と 関東一

ここを追う存在としては
今年の選抜に出場した 安田学園
昨年の夏の甲子園 成立学園  など

西東京 高校野球 予選


7月6日〜

3年連続出場を狙っている 日大三高 が本命。
それを阻むのは
創価 か 日大鶴ケ丘 か

春の選抜に出た 早稲田実業もここの地区です。
国学院久我山もこの枠を狙っています。

本当に勝ち上がるのが大変ですね。

神奈川 高校野球 予選


7月7日〜

今年の予選で最も注目を集める地区です。
言うまでもなく 桐光学園 松井投手の奪三振ショー。

間違いなく今年ドラフト1位の桐光学園 松井 
ただ全試合すべてを一人で投げきるのは困難。

桐蔭学園の左腕 斎藤投手も注目です。

その他ライバルとなりそうなのは
平塚学園、東海大相模 そして 横浜高校
日大藤沢もあります。

まさに全国有数の熾烈な予選大会ですね。

怪物ぶりは松坂のほうが上?

山梨 高校野球 予選


7月13日〜

ほぼ私立の2強の争い
山梨学院 と 東海大甲府

あとはどこか急成長して追ってくるところがあるか
日川あたりか。

兎にも角にも神奈川が注目を集めます。
浦和学院も春夏連覇を果たすための舞台に立てるか。

北海道/東北編

« スポンサードリンク »
sponsered link

夏の高校野球 予選 2013 地方大会の展望 北海道/東北編

夏の甲子園どこが優勝するかの前に
どこの高校が出場できるかが分かりません。kousien1.jpg

高校野球 予選 夏の甲子園への道は過酷です、
地方大会をすべて勝たなければならない。一つも負けられない。

一発勝負のため、番狂わせも起こりやすいです。

まずは高校野球の予選の展望
各地方大会の有力校などを何回かに分けてまとめます。
まずは、北海道東北地方

北北海道 高校野球 予選


6月23日〜

やはり注目は春の21世紀枠で初出場した遠軽(えんがる)高校
1勝の経験は大きい。

でも今回は、駒大岩見沢に期待したいところが・・・
今年で廃校が決まっています。
部員は3年生のみ。
かつては ヒグマ打線 と言われていました。

その他注目は 富良野と旭川龍谷

南北海道 高校野球 予選


6月22日〜

北照が春のセンバツでベスト8ですからやはり本命。
大舞台での経験が人を大きくしますので。

その次に来るのが、駒大苫小牧
田中まーくんの母校、ずっと強いですよね。

その他注目は、札幌日大、札幌第一など


青森 高校野球 予選


7月10日〜

もう言うまでもないでしょう
春のセンバツ優勝校 青森山田 まさに本命です。
ただ、全国的にも強豪といわれる
光星学院 ことしから 八戸学院光星という名前に
変わりました。

八戸工大一、聖愛あたりも注目です。

岩手 高校野球 予選


7月13日〜

盛岡大付属高校が本命。
左右のエースを擁します。
そこに続くのが、専大北上、一関学院が有力です。

秋田 高校野球 予選


7月11日〜

春の県大会を制した能代松陽が中心。
(能代商業から名前が変わっています)
その時、準優勝だったのが本荘

伝統的に強い秋田商業、能代、
明桜(かつての秋田法経大付属)あたりも候補ですね。

宮城 高校野球 予選


7月13日〜

選抜にも出た仙台育英が大本命。

春の県大会で上位に入ってきているのは公立校
利府、仙台三、仙台商業

本来ライバルとなる東北高校あたりが伸びてきているか?

今や世界のエース ダルビッシュも甲子園から

山形 高校野球 予選


7月12日〜

選抜で東北絆枠で出場 甲子園で1勝した山形中央
酒田南は昨年の甲子園を経験したメンバーが中心。
このどちらかが本命か。
春の県大会優勝の羽黒も絡んでくる展開。
地力がある日大山形この辺りまでかな。。

福島 高校野球 予選


7月11日〜

聖光学院 そろそろ他の高校へ勝ちを譲るか・・・
というほど強い。
県内では86連勝と敵なし。
その打線を抑えるのは、白河か
それとも21世紀枠で選抜を経験した いわき海星か。。

その他注目は、日大東北、小高工、学法石川も。


北の北海道から東北にかけての甲子園への予選
北国だから冬練習できずに弱いというのは過去の話
どこが甲子園への出場を勝ち取るのでしょうか。

« スポンサードリンク »
sponsered link

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。