sponsered link
ホーム » 2013年04月

新幹線に使われている技術は動物がヒントに(自由研究にもいいですね)

新幹線は最新鋭の技術が使われています。sinkan.jpg
安全に関してはもちろん言うまでもないのですが
スピードを上げることによって難しくなってくるのは
騒音の問題です。

それを抑えるために、様々なヒントを動物からもらっています。
こえれは、新幹線のみならず人間の世界に役だっています。

ネイチャーテクノロジーと呼ばれます。

新幹線の場合の幾つかを見て行きましょう。

パンタグラフの騒音


新幹線は電車ですから、電気を得るために必ず高圧線と触れる部分が必要になります。
それがパンタグラフですね。

新幹線のボディーからはみ出す形になるので、風をまともに受ける
つまり、音を立てる原因
になるということです。

数を減らすこともされています。
やはり、運行スピードを上げてくると騒音の問題となりました。

それを解決するためにヒントとなった動物が、”フクロウ”です。
fukurou.jpg
夜行性で音もなく近づいて獲物を狩る鳥。
人間の耳には羽音は聞こえないくらい静かです。
その秘密は、フクロウの持つ羽にあると言われています。

羽の柔らかさが他の鳥と明らかに違うのと、ふちの部分が櫛状になっています。
(写真でしか見たことはないのですが・・・)
kusihane.jpg
このデザインを応用して、パンタグラフをさあセル支柱の横にギザギザ模様がついています。
これです、わかりやすくするため、色をつけてあります。
本当はこんな色ついていません。
pantagurafu.jpg
これがあると、進行方向の後ろ側にできる空気の渦(=音の元)が減って
空気がスムーズに流れます。

これで3割程度の音が減るようです。

ぱっと見た感じは、そんな機能を持ったものに見えないんですけどね。

トンネルの騒音 とんねるどん


トンネルも騒音の大きな原因になります。
トンネルドンと呼ばれる現象があります。

新幹線がトンネルを抜ける直前に、出口側で”ドン”と大きな音がします。

これは、新幹線がトンネルの中の空気を押し出しているんですね。
力を受けて圧縮された空気が衝撃波となって、トンネルの出口から開放されるのです。

それを少しでも和らげるために今の先頭車両の形があるのです。
非常になが〜い鼻先になっていますよね。
kawasemi.jpg
あの形のヒントは カワセミ なんです。

カワセミは水の中にいる魚を餌にしています。

水の中に飛び込むときに、ほとんど水しぶきが上がりません

ハイスピードカメラじゃないと、飛び込んだ瞬間がわかりにくいのでわかりにくい
というよりおもいっきり”バシャっ”てなってるように見えますね。(^_^;)


その形を参考に新幹線の形が出来ています。

ちなみにこの先頭の車両の外装板金は人手で作られています。

先頭車両の微妙なカーブは職人の手仕事によるものです。
手打ち職人が一枚の金属の板からハンマーで微妙なカーブを叩きだしています。

金型を作るほどの量産でないことも要因ですね。
そんなことしていたら、新幹線の価格2倍くらいになっちゃうのでは・・・

新幹線でトンネルで 耳が・・


これも似たことが原因です。
新幹線が高速でトンネルに入るので、空気を押しつぶします。
つまり、気圧が上がるのです。

新幹線の中の気圧も、外側から押されるので気圧が上がります。

人間の鼓膜は、その内側と外側の圧力が同じ状態が普通の時です。

外側だけが気圧が上がった状態になると、鼓膜がうまく震えなくてボーっとした感じになるんですね。

通常は自然に調整されるのですが、急激な変化に追従できない時があります。
山にのぼるときとか、海に潜るときとか も起こる現象です。
耳抜きが出来れば、すぐに戻りますよ。

新幹線の騒音規制


新幹線の騒音に関してはちゃんと取り決めがあります。

新幹線の沿線 線路(高架)があるところから、200mの中にある地域に対して騒音の限界値が決められています。

区分があって 簡単に分けると 住宅地と商業地・工業地 で多少基準が異なります。

住宅地:70db(デジベル)以下 
商業地・工業地:75db以下

この70dbという数字ではピンと来ないのですが、

よく例えて言われるのが、掃除機をかけている時の音くらいになります。
(掃除機もばらつきはいろいろありますが・・・)

300キロを超えるスピードは、騒音を抑える技術があってこそ成り立つものです。

最新技術の新幹線でも、いろんな技術があつまったものです。
この動物や自然のものを生かしたネイチャーテクノロジー含めて
自由研究として調べてみても面白いですね。

« スポンサードリンク »
sponsered link

心臓発作は若年でも起こりうる 前兆や原因は

心臓発作 突然やってくる生命の危機sinzou.jpg
心臓は人間そのものと言ってもいいくらい大事なものですね。
基本的に代わりのものは存在しません
(人工心臓はありますが、まだ普通に生活をおくることができるレベルではないと思います。)
よって人間にとって生命を維持するために無くてはならない臓器です。

人間が生命を獲得してから、終りを迎えるまでずっと動き続けます。
とても働き者なのです。

心臓発作が若年でも全くないわけではありません、少しでも前兆を感じたのであれば
放置せずに検査をしておきましょう。

発作的なものは、なかなか予測ができないですが、
なんらかの危険性があるとわかっていれば、いざという時も自ずと対処が変わってきます。

いざというときのために、一度見ておくといいですよ。

心臓発作とは


心臓発作というと実はちょっと漠然としている言葉なのです。
心臓の疾患が突然起こるということですね。

この疾患には、大きく分けて3つの呼び方というか症状をまとめて表しています。。
・心筋梗塞
・狭心症
・心不全

心筋梗塞


心臓へ血液を送る血管に詰まり等による問題が起こって
心臓の筋肉が壊死(死んでしまう)すること。

心筋梗塞になると、血流が戻ったとしても
その部分が、元に戻ることはありません。

狭心症


心筋梗塞同様に、心臓へ栄養や酸素を送る血管が流れが悪くなること。
心筋梗塞の一歩手前の状態です。

血流が正常に戻れば、心臓も正常に動くようになる確率は高いです。

心不全


心臓発作の場合は、心不全は急性心不全になるでしょう。
心臓が不完全にしか動かず最悪のケースは停止をしてしまいます。

心臓の働きが不完全になため全身に送る血液の量が不足します。
体の片側が血液のめぐりが悪くなり うっ血(血液の流れが滞ります)が起こります。

上手く心臓が働かない原因は色々あって、上記の2つも当てはまります。

心臓発作の前兆


重大な心臓発作の前に軽い症状が出ている可能性があります。
その時は、一時的で少しの時間で収まったとしても
それは単に運が良かっただけかもしれません。

あとから考えると、あれが前兆だったと思い当たることが多くの場合あります。

・胸の突然の痛み
(どちらかというと背中側に痛みを感じるようです)
・異常に肩が痛くなる
(左側の上肢あたり)
・息ができなくなる
・意識が遠くなる(意識を失う)


狭心症自体が、心臓発作の前兆でもあります。
階段を登っただけで、胸に痛みを感じるとか
いつもよりすぐに息が上がってしまう。

健康診断での心電図でも前兆が見つかることもあるのは当然のことですね。
見つけてくれないと、受ける意味が無いですから。。

心臓発作の原因


心臓発作が起こる原因にはどんなことがあるのでしょうか。

家系に心臓病で亡くなったひとがいるという場合 とくに直系では、
危険性が高くなるのか?

そんなに遺伝的な要素は大きくないそうです。
全く無いというわけでもないようですが。

それよりも、加齢による要因が一番です。
年齢を重ねると健康状態が崩れやすくなります。
肥満 メタボ など
いわゆる生活習慣病は心臓に良いことがありません。

生活習慣病は、動脈硬化・高血圧の元ですよね。 
糖尿病だと動脈硬化になりやすいですし

そんな関係から、生活習慣病が若年化の傾向があるわけですから
心臓発作になる確率も上がっていると考えられます。

さらに生活習慣で心臓に最悪なのは喫煙です。
飲酒も飲み過ぎはいけません。

最後は当たり前な話になってしまいたが、やはり事実でもあります。

万が一心臓発作になってしまったら


とにもかくにも、いかに早く病院へ行くことが出来るのかが勝負です。
可能であれば自分で動けない場合は、周りの人に知らせてください。

救急車が来るまでの間に対処できることは、今はやはりAEDですね。

とくに心臓が働きを止めてしまった場合は、酸素が体をめぐりません。
それで一番早くダメージを受けるのは、脳になります。

AEDは機械が全て自動で判断してくれますから、だれでも使うことが出来るようになっています。

多少なりでも使い方を一回知っておくのは有効なことです。

時間がないのであればまずはこんな検査をしてみては
自宅で血液検査を受けられる

« スポンサードリンク »
sponsered link

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。